アドバイザー
丸山 貴広

この仕事を初めたきっかけは友達が面白いから一度働いてみたらといわれたのがきっかけでした。それまで自分は営業職というもの自体、自分には向いていないと決めつけ、営業職をした事もありませんでしたが、今では、友達に感謝しています。お客様に一生に一度の大きな買い物の場面に立ち会え自分の提案した事が採用されることや、お客様との信頼関係が築けていけていると感じる場面がこの仕事には沢山あります。もちろん大きな金額の買い物ですのでミスなどは許されませんが、だからこそやりがいが十分にあります。プライベートでも知人・友人の和を広げて楽しく過ごせるようになりました。これも営業職という仕事があったからだと僕は思っています。