ファイナンス
松本 誠二

住宅業界にたずさわり、約30 年になります。以前勤めていた会社では「家を建てる」というより「家を売る」といった感じでした。家が完成すれば、鍵を渡してと言った感じでお客様より「ありがとう」と言われた事もなくお客様も自分も感動することもありませんでした。それが普通だと思っていました。この会社に入り、ただ「家を売る」のではなくどのようにすればお客様に喜んでいただける家を建てるかを追求する、この会社に出会え、建てていただいたお客様から「まっちゃんありがとう!」といっていただき、お引渡しをさせていただいた後も「まっちゃん」と声を掛けていただいたときは自分自身この仕事について良かったと思いました。これからもこの会社で働くことを誇りに思い、日々仕事に取り組んでいきたいと思います。