アドバイザー
桑原 吉伸

昔、営業の仕事をしていた際、お客様のおばあちゃんに「桑原さん、あなただから買うわ」と言われたのを今でも鮮明に覚えています。「人を売り、物を売り、会社を売る」売る順番を、そのおばあちゃんに教えていただいたように思います。この言葉を胸に、住宅業界に入ってきました。大きな金額の住宅は、売り手側から考えれば、生涯お付き合いし続ける責任あるビジネス。買い手側から考えれば、一生一度の買い物。売り手と買い手の間には、プロとしての知識と経験、そして何より【信頼関係】がなければ成り立たたないと考えます。これから出会うすべてのお客様に「桑原さん、あなただから買うわ」と言っていただけるアドバイザーであり続けられるよう、品行方正、スキルアップに努めてまいります。