いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

アドバイザーの「ぜっち☆」です。

 

この度、平屋での建築が無事お引渡しを迎えました。

今回和室でご採用頂きました半畳の和紙畳です。

8帖の空間に二色で配置された畳ですが、施主様のセンスの

良さが光る部分となりました♪

 

メーカーのHPによりますと、、、。

「イ草おもて」は、一般的に天然素材のイ草を染土と呼ばれる粘土質の土を泥状にしたものに浸し、乾燥させてから、畳おもてに織り込んだものです。

この染土により、畳独特の光沢や風合い、香りが生まれます。ただし、長く使う間に染土が落ちて、緑の新畳が黄色っぽい色に変色していきます。
一方、「ダイケン健やかおもて」は機械すき和紙を紙縒り(こより)状にして、

1本1本樹脂コーティングしたものを、畳おもてに織り込んだものです。

この樹脂コーティングにより、耐磨耗性能や耐汚染性能がイ草おもてよりも優れます。

また、紙自体に色が付いているため、変色が起こりにくい製品です。さらに、紙に着色できるため、豊富なカラーをご用意しています。

性能にも優れた畳であると記載されています。

組み合わせにより様々なデザインが生まれます。

またリフォームでも採用されていますので

是非ともご相談下さい。

 

笑顔が集まる家づくり♪

Maruko-Home♪