BLOGブログ

アンティーク風レンガのアプローチがある外構

STAFF

ブログをご覧の皆さん、こんにちは☺

お子様のいるご家庭では、夏休み真っ只中ですね〜。

毎年この時期、3人の母である私は、「片付けても散らかるリビング」「毎日3食分のご飯作り」「自由研究と読書感想文の手伝い」が悩みです💦

皆さんはいかがお過ごしですか〜!?

 

さて、今日の本題です!

殺風景になりがちな外構にお悩みの方、ナチュラルなデザインやお庭のある家などお好きな方へ❤

7月9日投稿「ナチュラリスティックな外構」の続きで、玄関アプローチ・ウッドデッキ編です

 

ポイントその①

玄関前アプローチは、毎日季節感じる空間に。

玄関前は、アンティーク風のレンガ敷に草目地。

レンガは車が乗っても沈まないように、下地にコンクリートを打っています。

このレンガが高さ20センチほどあり、結構隙間に土を詰めることができたので、リッピアや這性ミント、セダム、グレコマなど植えることができました。 アンティーク風レンガと草目地の写真 イメージしていたレンガは、施工業者ではみつけられないからと、自分でネットで探しました。

風合いがアンティークなだけで、アンティークではないです。

海外で使ってる輸入品ですね。

 

ポストは、自立式のを買って、自分達でモルタルを使いしっかり埋めこみました。 スタンドポストと植栽の写真

ポストの下にある植栽は、すべて鉢植えです。

家に接する部分に直植えは気になったので、すぐに片付けられるよう鉢にしました。

寄植えなどと入れ替えられて便利ですよ。

スレートと真鍮の表札の写真 表札も自分で材料を買って作りました。

今流行の真鍮ですね〜。

最近は、線の細い筆記体が流行ってますが、我が家のは7年前なので、こういうフォントしかなかったんです。

和歌山の人にはおなじみの、和泉市のアントリーさんで買いました。

 

ポイントその②

アウトドア・リビングは使える広さを!

サンシェードとつるばらのあるウッドデッキの写真 我が家は南向きリビングなんですが、分譲地のため家の前は向かいの家が丸見え、周りも住宅街であんまり景色はよろしくないです。

プライベート空間を心地良いいものにするためにも、リビングの掃き出し窓前にはウッドデッキを作りました。

フェンスを160センチ高さくらいで囲んで、景色と目線をシャットアウト。

防犯と風通し、植物を絡ませるため、目地を2センチくらいあけたのがこだわり。

広さは6畳弱で、鉢植えとテーブルセットを置いて、家族5人と客人がゆったり座って食事がとれるようにしています。

子供が小さいときは、2m角のプールを出したり、雪遊びまでしました。 ウッドデッキのプールの写真 洗濯物を干したり、作業したり、気軽に使えて便利です。

ただし、無垢材にキシラデコール塗りなので、年に一回の塗装でセルフメンテです💦

雨や日除けに丈夫なパーゴラがあるのが理想ですが、そこまでできなくて、サンシェードをつけています。

 

以上で、我が家のファサードの外構紹介はおしまいです。

バックヤードや動線の考察は、また機会があれば投稿しますね。

 

みなさんも、時間をかけて、家づくり楽しんでくださいね!

マイホームのお悩みはマルコーホームのお問い合わせへお気軽にどうぞ▼

https://www.maruko-home.co.jp/form_contact/

 

笑顔が集まる家づくり

Maruko-Home

Array

ももこ このスタッフが書いた記事を読む

グラフィック作業や広報のアシスタントをしています。インテリアコーディネーター資格所持で、楽しく住宅デザイン業務に携わらせていただいています。

グラフィック作業や広報のアシスタントをしています。インテリアコーディネーター資格所持で、楽しく住宅デザイン業務に携わらせていただいています。

このスタッフが書いた記事を読む

top