こんにちは、てつと申します、

 

「住まいは、借りるが得か?、建てるが得か?」

よくお客様からご質問を受けることがあります

私はもちろん建てる(買う)する事をお勧めします

たしかに不動産は所有すれば、固定資産税や維持管理費が

掛かります

短期間賃貸やご商売で建物を借りる、転勤が多い等の場合

借りた方が良いこともありますが、

そうでなければ建てる(買う)事をお勧め致します

 

なんで建てる(買う)ほうが良いの?の答えですが

賃貸の場合当然家賃が毎月発生します

例えば、ご結婚してすぐ賃貸アパートに住み、月7万円家賃を払い続けると、

支払い総額は5年で約420万円になります

 

 

 

コロナウイルスの影響等で収入が減ったとしても、不幸にもご主人に

万が一のことがあっても家賃が安くなることはありません

住まいを建ててローンを利用した場合、様々な救済措置があり

返済額を一定期間減らしてくれたり、猶予してくれる

銀行もあります

ご主人に万が一のことがあっても保険会社が、

ローンを完済してくれます

 

 

家賃はいつまで払っても、自分の物にはなりませんし

住宅ローンは毎月支払っていけば、最終的には支払いが終わり

完全に自分所有になりますので、どう利用しようが自由です

住替えの資金にすることや将来の老後資産形成の一助にもなります

 

もし、お住まいのことやお金のことで悩まれておられる方是非

ご相談にお越しください

お待ちしています