はじめまして、りんごと申します。

 

住宅を購入するに当たって直系尊属(父・母・祖父・祖母)から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与の非課税措置等についてお話しさせて頂きます。

 

 

令和2年4月1日~令和3年3月31日までの間の非課税限度額

〇耐震、省エネ又バリアフリーの住宅用家屋に係る非課税限度額  1,500万円

〇上記以外の住宅用家屋の新築等                1,000万円

 

 

 

普通の贈与(暦年課税)の非課税枠110万円と贈与額の非課税特例を併用できます。

贈与額の非課税特例における限度額が1,500万円の場合110万と足して1,610万円まで非課税で贈与を受ける事ができます。

 

夫婦それぞれがともに実の両親から贈与を受けると二人合わせて最大3,220万円までの贈与を非課税で受けることができます。

 

※住宅取得資金贈与の非課税措置については、確定申告の際に別途贈与税についての申告をしなくてはなりません。

 

分からない事があれば、いつでもマルコーホーム展示場にお越し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔が集まる家づくり

Maruko-Home